HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>レポート・ルポ・紹介

小さな幸せに気づく24の物語ヽ(´ー`) ノ


<story1>洋服の仕立て屋(『小さな幸せに気づく24の物語』より)
 
友人から考えさせられる話を聞いたのでご紹介します。
 ある小学生の男の子が急な雨に降られて、
 ずぶ濡れになって家に帰ってきました。
 
 お母さんはすぐにお風呂に入れて風邪をひかせないように
 早目に寝かせました。
 
 次の日、いつものように母親が起こそうとしたのですが
 男の子は起きることができません。

 起きようとしても体が布団の上から動けないのです。
 驚いた母親が医師に見てもらったところ、
 進行性の筋ジストロフィーであることが分かりました。

 「この子はながくとも20歳までしか生きられない」

 と医師に言われました。

 その夜、お母さんはお父さんに子どもの病気のことを話したのですが、
 寝つかれなかった男の子は自分が20歳までしか生きることができない
 という話を聞いてしまいました。

 その後、男の子は車いすに乗りながら学校に通いました。
 中学生になる頃、お父さんが男の子に、

 「将来、何になりたいんだ? どこの中学に行きたいんだ?」

 と尋ねました。男の子は、

 「僕をもう、これ以上騙すことはやめてほしい、
  僕が20歳までしか生きられないことは話を聞いて知っている。
  僕は学校の先生が『一日に一つ良いことをしなさい』と言ったので、
  一日三つ良いことをしようと思う。
  そうすれば60歳まで生きたのと同じになるから…」

 と目に涙を浮かべながら話しました。

 驚いて何も言えないお父さんに男の子は、

 「僕は中学には行かない。それよりも、洋服の仕立て人になるために
  見習いに行きたい。
  死ぬまでにお父さんとお母さんのおそろいの服を作って、
  着てもらった姿を見てから死んで生きたい」

 と続けて話しました。

 続きはこちらで。
 http://www.24monogatari.jp/


この短い抜粋された、小さな幸せに気づく24の物語に目をちょっととうしただけで、(-_-;)ムゥ・・・とおもってしましました。
わたしも、筋ジストロフィーほど重い病気ではないのですが、ホルモン異常??からカリウムの値が異常にへって体がまったくうごかなくて、仕事もできない・・・病院を4,5かいもかわったものの、ぜんぜんよくならない・・・仕事もとてもつずけられない状況を、10年もあじわいまして、ごまかしごまかしで続けたしごとがきっかけで、転勤・・・
その転勤先の近くの病院でやっと、原因をみつけてくれた先生とであい、いまではかなり改善されつつあります。
病気って、なってみてはじめて、普段の生活ができることや、何気ない生活ってのが、この小さな幸せに気づく24の物語のように、幸せにきずくことがあるのです。
逆にいえば幸せにきずくことなく、なんの目標もなく趣味もないってひとは、病気でなくてもかわいそうに私、青空はおもうのです。
だからこそ今のいきている時間と幸せを大事にしてほしい・・・ヽ(´ー`) ノそんな作品だと思います。
わたしの経験からいわせてもらえれば、同情してほしいのではない・・・くるしいときにすなおに、できることだけ、たすけてくれればいい・・・そうおもいます。
この物語をよんで、今幸せであること・・自分はどういきていきたいのか??
この作品をみて、一度みつめなおしてみてはいかがでしょうかヽ(´ー`) ノ



『小さな幸せに気づく24の物語』   中山和義著
~読むだけで成長できる「心のサプリ」~





☆レビューブログからの紹介です。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://aozora333.blog108.fc2.com/tb.php/752-8018d945

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。